« 現実で夢を見る | トップページ | 狂ったのはどっち »

幻想のパーティー

幻想のパーティー
日付変わっちゃったー
昨日はこれ読みました
暇人キリスケなので1日で読み終わったよ…
昔からハードカバーが好きで、小説買うときはいつもハードカバーです^^
ハードカバーの装丁のほうがその作品をよく表してる気がするんだよね
この間、たまたまテレビでそういう本の装丁をデザインする仕事を紹介してるのを観た
ああいうのって本を読んでそこからイメージを膨らませてカバーとかのデザインしてるそう…
ハードカバー好きな割に文庫本も何冊かあるんだよな…何でハードカバー買わなかったんだろ
今回のなんてもうボロボロ…
学校とかに持って行くくせにハードカバーなんて買うから…(苦笑)
今回読み返したら、これってこんなに報われない話多かったっけ?ってちょっとびっくりした
読んだ後に何かしんみりすると言うか…主人公のその後を気にせずにはいられない話が多かった
大好きな短編集でもう何度も読んでるのにな…
どの話も読み終わった後の感じが新鮮でした






ここ最近、放射能の影響についてのニュースを観る度、心が痛みます
特に酪農家さんの姿を観るのがツラいです…
実家も同じ酪農家なので尚更です
出荷出来ないからって搾乳しないわけにはいかないんです
毎日搾らないと牛が病気になってしまうんですよ

地震が起きた日、家が停電になって一番困ったのは搾乳出来なくなったことでした
いつも搾乳する時間になっても搾られない
その為、乳が張って苦しくて牛は一晩中鳴いてました
あの声は忘れられません…
早く搾ってあげたい
でも電気が無い
このどうしようもない状況を母は嘆いていました
地震が起きて、我が家ではこんなことがあったんです
家の地域では1日で電気が復旧しましたが、被災地の酪農家さんは家以上に大変だっただろうな、今でも大変な思いをしている方もたくさんいるんだろうなと思います

放射能の影響が出ている所では毎日搾乳してもただ捨てるだけ…
その地域の酪農家さんは本当に本当にツラいと思います
野菜を育てている方も同じだと思う
お米だってそうだ

このような立場にいる人々を少なからず風評が苦しめていると思うと、何だか悲しくなる
風評に惑わされることなく、あらゆる物事を考えていかねばと思います





テレビで被災地の様子を目にすることもだいぶ少なくなってきたと思う
だからって知らなくてよくなったわけじゃない
ここからは自分から何かしら知っていくことが大事なんじゃなかろうか
自分も住む同じ日本で起きたこと
時が経っても他人事にしていいわけじゃない
決してしてはいけないと思う

|

« 現実で夢を見る | トップページ | 狂ったのはどっち »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336729/39318515

この記事へのトラックバック一覧です: 幻想のパーティー:

« 現実で夢を見る | トップページ | 狂ったのはどっち »