« 笑顔も涙も贈る | トップページ | 日々を語ろう »

言葉としての思い出

120321_022901



メモ帳と今年の手帳

メモ帳は去年使ってた手帳に付いてたものです
本とか雑誌とか、普段何気なく読んだものから、残しておきたいと思った言葉や文章に出会った時に書き留めておくのに使ってました
そのまま使っても良いんだけど、とりあえず書き留めた分だけ今年の手帳のフリースペースに書き写そうかなぁと思って…


一番始めに書き留めた言葉はついったでのK島さんの呟きでした
その頃まだあたしはついったを始めてなかったからね
何だか凄く心に響いてきた言葉だったから、すぐにメモしたのを覚えてる



(40FORTYについて)
青山墓地を歩いて書いた歌詞
墓地も好きです
存在していたことの証なのにあの静けさ



メモ見たら2010年3月31日の呟きだったみたい
つい最近もK島さん、自分と似た感覚を持ってる人がいるって墓地(墓石)についての呟きしてたよね
それを見てすぐにさっきの言葉を思い出しました











ついったといえば、さっき何気なくやった診断結果にびっくりしたー!
あなたをおでんの具に例えるとってやつだったんだけど、内容が全部実際に人から言われたことだったんだもん(笑)
ジョークとはいえ侮れないなぁ…
ちなみにロールキャベツでした
しゃきっとしていて隙が無い
近寄りがたい雰囲気があるが、話してみたら意外に親しみやすかったりする、だって





ではではこのへんで…



今日はサークルのみんなと飲み会!うっひょー!
無双とコラボしてるお店なのですんごい楽しみ!!



|

« 笑顔も涙も贈る | トップページ | 日々を語ろう »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336729/44572604

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉としての思い出:

« 笑顔も涙も贈る | トップページ | 日々を語ろう »