« これからにさよなら | トップページ | その音で連れていって(PART2) »

その音で連れていって

やーーーーーっとレポ出来ましたー!
今までにないほどのバカスケっぷりですね…ほんとごめんなさい!






追記より、6月23日のライヴレポです
いつものように気ままに書いたものです











…じゃこれからもうひとつまとめてきます!
絵付きのレポのほう、もう暫しお待ちをー!




BRANDNEW CHAPTER -GARDEN OF DELIGHT- @Studio Coast 2012/06/23(Sat.)

120623_163601

当日、コーストに着いてまずは1枚ぱちり!
ついったにも載せたものです



4月1日にTシャツサイズ間違えて買っちゃって…
それで買い直すために物販覗こうと思って早めに行ったのに、「今回はグッズの先行販売はしません」ってアナウンスがあって…
えーーーー!!と思ったけど、ま、いいや…終わった後でと思って、鳥龍さんが来るまで荷物を預けに行ったりあれこれ準備してました


わかりやすいように会場入り口付近でうろうろ~
で、暫くしてからふと顔を上げて、駅から会場に向かって来る人たちのほう見た瞬間すぐに鳥龍さん発見(笑)
そしたら鳥龍さんもあたしに気付いたみたいで、手振ってくれた
もうこの時点ですっごい楽しくて楽しくて…笑


鳥龍さんとはいつもこんな感じに合流してるなぁ…
今ここに居ます!みたいな連絡して合流したことあんまりないかも…そういえば……






そして入場待ちの間はひたすら2人でおしゃべり!
チケットの番号、Aだったんだけど、気付くと番号Bの人たちの入場が始まってて…笑
慌てて会場内へ




フロアに着いてからは中野さん側4、5列目辺りでスタンバイ
ステージ見ながらもうわくわく、うきうきしてしょうがなかったのを覚えてる



あ、ライヴが始まる前にスタッフさんとブンブンのマネージャーさん(だったかな?)が並んで出て来たんだけど
その光景が4月1日のあの事実を告げられた時と全く同じ光景で…
フロアから、え…って声が漏れたりしてた
あたしも声漏れちゃったもんな…え!まさか!!って思って…



今回語られた言葉は、どうぞ最後まで楽しんでいって下さいというものでした
その言葉が告げられたあと、フロアからはたくさんの拍手響いてた
あの瞬間フロア全体の空気はとってもあたたかい、優しいものになってました






そしてサカナクションのライヴがスタート


4月1日はもう泣きながら馬鹿みたいにはしゃいできたけど、今回はひたすら笑ってた
もうほんっと楽しくて楽しくて!
またみんなでアイデンティティ唄えたのは本当に嬉しかったし、楽しかったなぁ…
時々ぐるっと会場全体を見渡したりしてたけど、みーんな笑顔で…それ見てるだけでこっちまで嬉しくなってくるわ、楽しくなってくるわで…笑
他のお客さんのああいう表情を見れるのもライヴの素敵なところだと思う
目の前に広がる光景、鳴ってる音から受け取るモノはそれぞれ違えど、こんなにたくさんの人たちと同じ空間で同じ時間を共有してるんだなぁって…そう思える時間、場所であるライヴって本当に素敵なモノだなって
サカナクションのパフォーマンス、そのパフォーマンスを受け取る人たちの姿見ながらそんなことを考えました



以下はサカナクションの当日のセトリです
他所から拝借させて貰いました


『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
ホーリーダンス
インナーワールド
サンプル
僕と花
僕と花(Remix)
ネイティブダンサー
アイデンティティ
ルーキー



これはどのバンドにも言えることなんだろうけど、サカナクションの楽曲は1曲1曲の世界観が本当に濃いなぁって
曲ごとに異なるパフォーマンス観ながらそれは本当に強く感じた
曲ごとの世界観、色が凄くはっきりしてるなぁって
その曲ごとにフロアの空気、雰囲気も塗りかえられていくようで何か不思議な感じでした
曲が変わるごとに違う世界に連れて行って貰ってるようで楽しかったな…


この日個人的には僕と花が聴けて嬉しかった
この曲が主題歌のドラマを毎週欠かさず観てたのもあって、あの日あの曲を生で聴けたことには感動してしまいました








そして次はブンブンの番!
気付けば前から2列目のとこまで来れてる!ラッキー!



準備のために下ろされていた幕が上がってびっくり!
ステージ向かって左から、yokoさん(ドラム)、中野さん、川島さんという今まで見たことない配置に
だから中野さん側だと思ってた自分の位置が、今回はyokoさんと中野さんのちょうど間という今までにない位置で…
ふおー!ドラム!ドラムが近い!!yokoさんが近いよー!なんか新鮮!と目の前に広がるそんな今までになかった特別な光景にわくわくしてたキリスケでした(笑)



幕が上がってからびっくりしたことはもうひとつありまして
中野さんがこれまた素敵な衣装で…にーのーうーでー!!!
中野さんの二の腕が馬鹿みたいに大好きなあたしはあの格好見た瞬間ぶっ倒れるかと思いました

120806_152301


凄く見づらい写メで申し訳無いですけど…
当日の2人の衣装はこんな感じでした
相変わらずの真っ黒なお2人
中野さん華奢…!ほっそい!細すぎます中野氏……
川島さんは肩とか袖にちょこちょこ飾り(金の金具があったような…?)が付いた黒シャツに黒のベスト姿
川島さん、真っ黒な姿に白のフライングVが映える映える!!
くーろーしゃーつー!!!と某年のライヴ衣装が大好物のあたしはもう大興奮…笑

演奏始まる前から心拍数上がりまくりでした…はい……





そしてこの日の1曲目、ANOTHER PERFECT DAY
元のタイトルはFREAK THE NIGHT
野外で聴くことが多かったから、もうその印象が強くて
これまで観てきた野外でこの曲を唄う姿を重ねながら、川島さんを観てた
屋内でのライヴだったからそんな強い風なんて起こるはずないんだけど、そんなことしながら観てたせいか川島さんが風を浴びながら唄っているように錯覚したりして…苦笑
この曲を初めて聴いたのは確か、昨年のneutralnationだったと思うけど、それからこの曲を聴く度に曲自体の「勢い」が増してるように感じてる
今回もまた然りでした



次のMOMENT I COUNT 、そしてその次のBACK ON MY FEETはただただ踊り狂ってきました
もうほんっと楽しかった記憶しかない…!
腕振り上げてたけど、何度肩脱臼しそうになっただろ
もうわっちゃわちゃのぐっちゃぐちゃ!
周りの人たちもすっごい楽しそうで、うおおお!あたしもはしゃがないとーー!!って思って(笑)


次のBROKEN MIRRORは今回特に印象に残ってる
最初のイントロもCDよりも短かったと思う
で、サビ以外のところはあれ何て言ったら良いんだろ…
DIGのボコーダーボイスとまではいかないまでも、声が変わって聴こえるようにアレンジされてて
サビ以外の部分はそんな風にアレンジされてました
あと、これはほんと不思議だったんだけど、そう聴こえるようにしてたのか、すぐ耳元で聴こえるように感じで
耳のすぐ側で川島さんの声が聴こえるように感じたんだよね
サビはそうでもなかったんだけど、それ以外のメロの部分がずーっと近くで唄われてるように聴こえて…
あの曲の間はずーっと何とも言えない不思議な感覚だったなぁ…
BROKEN MIRRORが始まって暫くは棒立ちで聴いてたもんなぁ…
え!なにこの耳元で唄われてる感じ!え!?え!!?って(笑)


ブンブンの楽曲もそれぞれの色がはっきりとしてると思うけど、この曲はそれが特に感じられるというか…個人的にそう思うんだけど
この曲が始まった途端、すぐにこの曲の色に会場全体が染まったもんね
あのイントロのギターが鳴った瞬間と、そして川島さんが唄い始めた瞬間に


元々大好きな曲だけど、ライヴでのライヴでだけのBROKEN MIRRORの姿を観る(「聴く」のほうが良いかな…)度にもっともっと好きになっていきそうな曲です





そして次はSTAY
これも始まった途端フロア全体がこの曲の雰囲気に
この曲の時の、陽だまりを思わせるようなあのあったかい黄色の照明に照らされて唄う川島さんの姿が目に焼き付いてます
今回初めてこの曲の時に泣きませんでした
うるっとはきたけどね
いつも涙止まんなくてぐずぐずになっちゃうから…
何で今回はそうなったのか自分でも不思議なんだけど
それでもあのSTAYの持つあのあたたかさは凄く心地良いと思う
いつもあの曲を聴き終わった後はとても心があたたかくなるのを感じられます





んー…なんだろうなぁ…
STAYの間、唄う川島さんをじっと見つめながら思ったことがあったんだけど
これはKAIKOOの時にも感じたことだけれど、やっぱりどこかブンブン2人から感じられるモノっていうのがあのKAIKOO以来変化したようにあたしは思ってて
それは今回のライヴでもそうだった
ステージに立つメンバーから漂う独特のピリッとした緊張感
それは時間が経っても途切れることはなかったけれど、そんな緊張感をまといながらもメンバーたちが凄く楽しそうにしてるのがこっちまで伝わってくる場面が本当に多くて…
KAIKOOでも同じようなこと感じたけどね
今回もそうだったというか、寧ろ、あの日のライヴ以上だったように思えたというか……





ステージの前方に来てそれぞれがギターやらベースをかき鳴らす姿は本当に焼き付いてる
2人とも当然必死な顔で楽器に触れてるんだけど、どこか嬉しそうで楽しそうにしてるのがわかるんだよね
川島さんは時々微かに微笑んでたようにも思う
あ、川島さん今嬉しいんだろうなーってライヴ中何度も思った
そう思ったらこっちまで何かわかんないけど嬉しくなってきちゃって…笑
どの曲の時かは忘れちゃったけど、中野さんがシャウトしたのにはびっくりした
ウォウッ!!って、叫んでたよ中野さん
うわー!うわー!ってもう何故かこっちもテンションだだ上がり(笑)
それで何度「うおおおなかのおおおお!!!」って叫んだかわかんないです今回(笑)



やっぱりメンバーのそういう姿が見れるっていうのはファンとしては何か嬉しく思うよね
好きな人が楽しんでる姿を見たら、それだけでこっちだってもう嬉しくて楽しくてしょうがなくなってくる


当たり前のことだけど、その当たり前の嬉しさをライヴ中何度も感じてました





STAYの後はFOG、EASY ACTION、KICK IT OUTっていうすさまじい流れ!
ここもほんっと楽しかったなー!
FOGはいつものように俺様中野様タイムだったしね
ステージ上を自由に暴れる中野さんがむちゃくちゃかっこよくって可愛かったっ!!!


あとこれもFOGの時だったかな…?
照明が激しく点滅してて、フラッシュを浴びせられてるみたいな照明の演出があったんだけど
あの演出は何度体験しても不思議な感覚になります
目の前に広がる光景が信じられなくなるっていうか…どこか違う世界に連れてこられたみたいな感覚になっちゃっうんだけど……
そんな現実から切り取られたような感覚を味わいながら、前に読んだ川島さんのインタビューをぼんやりと思い出してた
音楽を通していろんなところへ連れていきたい、それこそ天国から地の果てまでって言葉を思い出してた
普段CDとかで曲を聴きながらでも、ブンブンの楽曲からはそんな体験させて貰ってるけど、こうやってライヴで生の音を浴びている間もいろんなところに連れて行って貰ってるなぁって…そんなことぼんやり考えてた




KICK IT OUTのときはびっくりするぐらい周りで大合唱が起きたなぁ…
みんな唄うの大好きだね!
ちょっとー!川島さんの声聴こえないよー!!って思ったけど、ま、気持ちはわからんでもない…と思いつつ、声は出さず口パクしてたキリスケです

あと今回ダイバー続出でびっくりした!
あんなに人が自分の頭上を流れていったのは初めてだったよ…!!



そしてアンコールとしてMORNING AFTERとDRESSの2曲が披露されました



MORNING AFTERはめちゃくちゃはしゃいできたなぁ…
あたしは自分で思ってる以上に、ライヴで聴くこの曲が大好きらしく(笑)この曲が始まった瞬間理性ぶっ飛ばしてきました
今思い出してもほんっと楽しかったなぁ…




今回今までにない配置だったせいか、川島さんと中野さんの間に結構スペースが出来てて
そのせいか、2人で向き合って楽器を弾くシーンが多かったように思います
うん…凄くそのシーンが焼きついてる…
相変わらず息ぴったりだったしね
アイコンタクトとかそういう2人の姿を観る度ハッとしてました
いちいちかっこよかったよ!ほんっと!!







ライヴのレポはこのへんで…
絵多めのレポはまた別に書くつもりですのでそちらもよかったらどうぞ^^





それじゃ最後にセトリ載せておきます



ANOTHER PERFECT DAY
MOMENT I COUNT
BACK ON MY FEET
BROKEN MIRROR
STAY
FOGBOUND
EASY ACTION
KICK IT OUT


<EN>
MORNING AFTER
DRESS LIKE AN ANGEL












当日ライヴの後はバーでみんなで乾杯♪

120624_022901



ブンブンワイン、ごちそうさまでした*^∀^*
(鳥龍さんどうもありがとうございましたっ♪)

|

« これからにさよなら | トップページ | その音で連れていって(PART2) »

レポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336729/46478349

この記事へのトラックバック一覧です: その音で連れていって:

« これからにさよなら | トップページ | その音で連れていって(PART2) »